NPOハロハロ ほぼ月イチ メールマガジン『ハロハロ通信』

■2022年12月14日号

●フィリピンもフェイスマスクから解放●環境にも配慮したボホールでの海藻栽培●

こんにちは!事務局の川原です。

ハロハロ10周年記念パーティまで残り1週間となりました!

日頃からハロハロを応援してくださる方やハロハロをよく知らないという方でも

楽しめる会となっていますので、お友達やご家族とお気軽にご参加ください♪

当日お会いできるのを楽しみにしています!

 

ショートコラム ★★It's more LOVE in PHILIPPINES!!★★  Vol. 49   by, さくら

 

フィリピンの魅力をちょっとずつお届けするショートコラム、今月はフィリピンの大学に通っているさくらさんからの発信です♪

 

 みなさん、こんにちは。

セブ島現地の大学に通っている、さくらです。

本日はここ最近のハッピーニュースについてお話ししようと思います。

2019年からコロナが流行って以来、ずっとついて回ってきていたものがありました。

 

「フェイスマスク」

マスクを着けていないとモールにも入れてもらえない、公共交通機関にも乗れない、レストランにも入れませんでした。

マスクを外して歩いていれば、周りから白い目で見られる、下手したら罰金!とこの暑い気候の中のマスク着用義務は苦しいものでありました。

 

で、す、が

 

なんと、91日からセブ市長がマスク着用の選択は個人の自由にするということを発表しました。

(病院や、医療機関の建物に入る際にはマスク着用が義務付けられています。)

 

モールに入る際に荷物をチェックするセキュリティーガードもコロナ禍ではとっても厳しかったのに、

今では彼らのマスクも顎の下(笑)

 

まだまだ安全確保のためにマスクをして生活している方もたくさんいますが、

外国から来ている観光客(特に欧米の方)は堂々とマスクを外してショッピングをしたり、生活をしています。

 

だんだんといつも通りのセブに戻ってきていて、私も嬉しくなりました。またみんなが思いっきり笑って、何不自由なくコミュニケーションが取れる環境になるまであと少し!頑張っていきたいですね。

モールに入る人たちの様子。まだ大体の人がマスクを着けて出入りしています

今年度から学校でも接触の多いスポーツもマスク無しでできるようになりました。(10月バスケットボールの大会の写真)


From BOHOL, Environment Project

● 環境にも配慮したボホールでの海藻栽培 ●


ボホール、アルマー島ではASFA住民グループを中心に海藻栽培に取り組んでいます。

本年初めて、ボホールの地域行政から、海藻栽培で使用するプラスチック紐をナイロンロープに変更していく提案があがりました。確かにプラスチック紐は耐久性もなく海ごみとなってしまう課題もありますが、ナイロンロープは価格が高いことが大きなネックになっています。

また、事業地では本年も大雨や強風を伴う台風被害を受けていています。

残っている海藻も大雨により茎の形や色が変色し傷んでしまいました。

また海藻を栽培するために固定していたロープが、大雨や強風によって流れてきた枝やごみなどで切断され絡まり、

海藻にも被害が及びました。

台風後海藻の価格が高騰し、多くの海藻農家さんが再開ができずにいましたが、

そんな中、日頃コンサルとしても協力してくれているNPOイカオ・アコさんからの支援で、

140世帯が海藻栽培を再開することができています。

自然災害に対応できるような対策を住民グループや、専門家の方を交えながら来年度も継続して栽培できるよう取り組んでいきます。

 ■ 出展  

各地の催事に出展し、AngKyut・NINDOTのフェアトレード雑貨の展示販売や活動のご紹介をしています。

 

● ハロハロ10周年記念事業 10~12月 ● 

 2022年12月17日(土)14:00-17:00

ハロハロ10周年記念パーティ

毎日メディアカフェ

 

 ■ 日本でのまちづくりグループ活動のご案内 ◾️

NPOハロハロでは、グローカルなまちづくりを促進するため

日本の事業地では、フェアトレードちば、港区エシカルコミュニティを立ち上げ、エシカルタウン運動をしています。

 

● フェアトレードちば 

定例会 第2日曜日9:00-11:00 第4月曜19:00-21:00 いづれもオンラインZoom

 

 

◀︎【古本や不用品が寄付になります】

きしゃぽん古本募金を通して「ハロハロ」に、

古本・DVD/ゲーム・ブランド品・金券・古酒・携帯電話機器など

ご家庭で不要になったお品をお寄せ下さい。

 

◀︎【マンスリーサポーターとなって応援】

一般500円〜、学生250円〜、団体5,000円〜

定期的に活動報告が届きます!

  

◀︎【寄付をして応援】

自由金額でご寄付で活動を応援いただけます

*認定NPO基準は、3,000円/口以上のご寄付が対象

  

◀︎【セブのこどもの教育を応援】

あなたと一緒にこどもたちの教育を受ける機会を広げ、地域の未来を変える力に!

 

 

◀︎【楽天ショッピングxgooddoxハロハロ】

楽天でのお買い物は、gooddoxハロハロページ内楽天ボタンから!

お買い物金額の一部がハロハロへの寄付になります。

 ◀︎【マニラとセブの女性の手仕事を、雑貨の購入で応援】

カラフルな廃材を活用したバッグやポーチのブランド:AngKyut

セブの自然素材が愛らしいアクセサリーブランド:Nindot

学園祭・バザー・お店などでの委託・卸販売、ノベルティの制作もお気軽にご相談下さい♬

 

◀︎【ボランティアをして応援】

あなたの力で、フィリピンと日本の事業を活性化する
インターン、プロボノ、ボランティア随時募集中!


世界にチャンスを 
NPOハロハロ https://www.npohalohalo.org/

〒108-0014 東京都港区芝4-7-1西山ビル4F 

TEL 050-5539-5524 Mail : mail@npohalohalo.org 

 

 


《Back Numbers》

Instagram