持続可能な開発目標(SDGs)とハロハロ

持続可能な開発目標(SDGs)

「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」は2015年9月25日、ニューヨーク国連本部での「持続可能な開発に関するサミット」において採択されました。

 

 

先進国・途上国すべての国を対象とする普遍的な目標として、2030年まで世界の国々が取り組んでいくものです。

ハロハロの取組み

  1 貧困をなくそう

 

 

フィリピンのマニラ・セブ・ボホールの国際貧困線上に生活する人々の収入向上に取り組んでいます。女性には、雑貨やアクセサリーづくりなどの手工芸事業を支援、男性を含む地域の零細自営業者には、マイクロクレジット(少額資金融資)によるビジネス活性化支援をしています。

 

貧困層にある人々は身分や住居を証明できないことが多く、一般的な金融サービスを利用できず、高利貸しによりさらに貧困に陥る悪循環リスクが高いことからも、地域の組合を活性化しマイクロファイナンス的な取り組みを活性化し、金融サービスをはじめとする基礎的サービスの充実をはかっていきます。

 

4 質の高い教育をみんなに

 

 

マニラおよびセブの事業地で、幼稚園を運営し、高まる幼児教育ニーズに応えています。また大学への奨学金制度を設け、地域の次世代リーダー育成を行なっています。

さらに義務教育課程の学生たちにもインターネット学習環境を提供し、ドロップアウト抑制や進学を促進しています。

地域の多様な世代が、まちづくり運動のステークホルダーとして関与することで、人権・男女平等参画・国際協力・環境についての理解を深めながらグローカル意識を醸造しています。

 

5 ジェンダー平等を実現しよう

 

日本とフィリピンの事業地で、誰もが生まれ育った環境や性別などに左右されることなく、自分らしく働き生きることのできる社会づくりに挑戦しています。

エシカルなライフスタイルを促進することで、女性や障がいを持った人々が、リーダーシップを発揮して起業や活躍しやすい社会にしていこうとしています。フィリピンでも女性たちがものづくりグループをつくることで、経済的社会的自立につながっています。また、日本の中でフェアトレードやウェルフェアトレードなどへの理解を促進することで、理解が深まっています。

 

8 働きがいも経済成長も

 

日本とフィリピンの事業地で、エシカルなまちづくりを推進しています。

フィリピンでは主婦層に対して手工芸機会を提供し女性の副収入向上やエシカルブランドの立ち上げを支援しています。また男性や零細自営業者にはマイクロファイナンスによる奨学資金融資制度をもつ組合づくりの支援をしています。

日本では、日常の消費購入からフェアトレードやエシカルなものを選ぶことを促進する啓発活動や、日本でフェアトレードやエシカル団体のネットワークによる活動促進を図っています。

 

 

 

10 人や国の不平等をなくそう

 

地域の人々に対して、キャパシティビルディングなどのワークショップ機会を設けています。社会的に弱い立場におかれる人々とともに現状の問題を分析し、必要とする組織強化能力、リーダーシップ研修を行い、人材育成をしながら、手工芸や漁業などに関与する技術講習の場を設けて、チームと事業がともに強化発展していく形を目指しています。

11 住み続けられるまちづくりを

 

フィリピンの貧困地域の人々は、河川敷や沿岸部など安全とは言えない地域に止むを得ずスクワッターとして生活しています。彼らが、安全で安心できる生活環境に身をおけるよう、行政の協力を得ながら、沿岸部の植樹や防壁などの整備をすすめています。

また、ごみ処理場近くなどに生活する人々の衛生的で安全な生活のためにも、そこに生活する人々の意識の啓発とともに、行政や民間の協力を得たごみ処理問題にもあたっています。

 

12 つくる責任つかう責任

 

マニラで行う女性の手工芸事業では、普段は廃棄してしまう菓子や米などの食品や飲料などのプラスチック袋を用いたアップサイクルのバッグやポーチなどの小物作りを行なっています。生産者たちへの環境への啓発になるだけでなく、日本での販売を通して、消費者への環境への意識啓発にもつながっており、プラスチック素材を使わないようにしていこうという現代の傾向につながっています。

セブの女性たちと行う手工芸事業では、セブで手に入る木や貝などの自然素材を活用した環境配慮型のアクセサリーづくりを行い、接続部分もボタンや麻紐で工夫し、なるべく金属を使わない自然素材で完結させるように配慮したブランドを立ち上げようとしています。こちらもつくる人々の意識を啓発するのはもちろん、消費購入する人々の責任意識を啓発します。

セブ及びボホールで行なっている地域清掃活動では、3Rに取り組み、プラスチックごみの燃料化への連携や、堆肥化などにも挑戦しつつあります。

 

14 海の豊かさを守ろう

 

フィリピンのセブ・ボホール事業地の水産業に関与する人々は、近年の環境汚染やダイナマイト漁などの違法漁業、また大型漁船による大型漁獲の悪影響を受け続けてきました。漁業に関わる零細自営業者たちが組合を作り、組合として声をあげ、違法漁業撤廃や行政への通報に取り組むとともに、ごみ拾い活動やマングローブの植林などを通して、少しずつ沿岸部の生物多様性を確保しようとしています。さらに、エコツアーなどを実施して、海の豊かさを一人でも多くの人に啓発し、ともに取り組む契機を提供していきます。

 

17 パートナーシップで目標を達成しよう

 

ハロハロでは、日本人とフィリピン人とがパートナーシップのもとに、グローバル課題に対して自分ごととして行動に移す機会を提供しており、今後もさらにその活動を活性化していこうとしています。豊かなまちづくりを目指し、生計向上、環境、啓発など1ステークホルダーでは達成できないことも、地域住民、民間起業、教育機関、行政などを巻き込みながら、事業を通した連携を促進し豊かな社会づくりにあっており、さらにそのネットワーク強化により達成していこうとしています。

協働パートナー募集中!

私たちハロハロでは、私たちの活動に賛同いただき、ともにSDGs達成を目指すことのできる民間団体(企業・団体)や行政との連携を求めています。

例えばこんなことができます。

 

<A>講演会などの実施

  SDGsの実践について理解を深める啓発、人材育成として

 

<B>ビジネスを通じた連携

  ハロハロのフィリピン事業地の人々とともに

  エシカルな商品開発やマーケティングを実施するなど

 

<C>活動へのボランティア/プロボノ参加

  ハロハロの日本及びフィリピンで行う活動へ

  職員の皆様がボランティアやプロボノとして一定期間ご参加することでSDGsを実践

 

<D>会員制度

  ハロハロには団体会員制度(60,000円/年〜)があります。

  新しい活動をともに作っていくことなどが可能になります。

  例)らあ麺屋ひろ様では、ともにひろ教育基金をたちあげ

  幼稚園と奨学金制度の運営を行なっています。

 

 

メモ: * は入力必須項目です

Instagram