⬛️ 私たちの事業

私たちは「だれもが魅力的に働き生きることのできる社会の実現」を目指し、

 

3つの基幹事業を通して、地域の中に「人」と「組織」を育成しています。

 

1)生活/収入向上

・女性の副収入向上事業

手工芸の推進

...フェアトレードや日用品などの生産・販売を促進)

 

・自営業者への資金融資による地域経済の活性化/マイクロクレジット

...個人やグループへの小規模資金融資を実施

 

 

2)教育

 

・幼稚園の運営

 

・義務教育課程の学習補助(IT)

 

・大学進学への奨学金制度

 

3)啓発

・環境保全活動

 

・保健衛生推進

 

・国際交流/理解

 

・日本語教室

 

・エシカル/フェアトレードなまちづくり運動

 

 

・地域の人々の社会参加促進


⬛️ 私たちの事業地域

1:Manila (元)ダンプサイト・パヤタスとエラップ再居住区地域

Project Area 1:Payatas Quezoncity  -ケソン市パヤタス-

         Rodriguez Rizal (Erap) -リサール州ロドリゲス自治区-

Partnership with:Paaralang Pantao 

協働団体:ごみ山のフリースクール「パーラランパンタオ」

 

 パヤタスは巨大なごみ山を中心にしたスラム地域でした、2018年8月にごみの最終投棄場としては閉鎖され、ごみを回収したトラックが来ることはなくなりました。ごみ山でウェストピッカー/スカベンジャーとして換金できるごみを拾って生活する人々は、ごみ山の閉鎖とともにほぼいなくなりました。ただゴミの換金ショップ/ジャンクショップはまだ存在して折り、人々はおもに露店商や建設関係、運転手などの日雇い労働者となっています。

 2010年のごみ山崩落事故以降行政も指定する再居住地域となっているのがこのパヤタスからジープで30分ほどの距離にある通称エラップです。無償で居住地を提供(電気や水道は無い)された人々もいますが、ゴミの換金で生活していたような人は再居住地で仕事がなくまたごみ山のふもとに戻ってしまうケースも発生してきました。ごみ山崩落以降現地協働団体が分校をこのエラップに開校していたため、この再居住地においても、ハロハロは活動をしています。

 現地協働団体パーラランパンタオの行う幼児教育、大学奨学金制度を支援するとともに、地域の女性たちの収入向上を雑貨製作事業から支援しています。

 

2:Cebu 中部漁村地域

Progect Area 2:Dumlog Talisaycity タリサイ市ドゥムログ

Partnership with:Tulay Sa Kinabuhi トゥーライサキナブヒ

 

セブ市のすぐ南隣に位置するタリサイ市は人口も多い大規模都市です。

バランガイDumlogの当事業地は、漁業やタクシー運転手、露店商などに従事する日雇い労働者が多く暮らす沿岸部のスラム地域になります。

近年政府による大規模な住宅地建設がこの地域にも広がっていて、

今迄は広々とした自然が広がっていた場所に、似たような形をして整然と並ぶ戸建て住宅が出きました。住宅建設によって、沿岸部よりに存在するスラム地域はさらに密集化しています。

 ミンダナオなどから貨幣収入と教育を求めて移住してきた人々が多く、スラムで生活せざるを得ない貧困の連鎖を生計向上と教育から変えていこうとしています。

 

3:Cebu 北部農村地域

Progect Area 3:Panugnawan Medellin メデリン市パヌグナワン

Partnership with:Tulay Sa Kinabuhi トゥーライサキナブヒ

 

 セブ島の最北にあるメデリン市。

 メデリン市内の主要道路から山の奥に入った当事業地では、さとうきびの季節労働者が多く、仕事のないときは食事やお菓子を作って売り歩く露天商をして細々と生計を立てています。

 2013年の台風ヨランダによる被害でほとんどの家が全壊したときから緊急支援として当事業地に関与をはじめ、現在は復興支援から生計支援へと継続した支援活動を行なっています。

 サンゴ礁の地盤から農作物の育成などにもあまり向いておらず、初めは細々と生活に必要な洗剤などの生産と販売事業から始めたが、現在は家畜飼育事業が少しずつ軌道に乗り始めたところです。

 

 

4:Bohol アルマー島

Project Area 4:Alumar Getafe Bohol 

         -ボホール島ヘタフェ市アルマー-

 

Partnership with:Alumar Seaweed Farmers Association(ASFA)

         アルマーシーウィードファーマーアソシエーション

 

アルマーはボホール島ヘタフェの港から、さらに小舟で北に30分の距離にある小さな島です。

島の人々は海藻栽培を主産業とし、年間3回の収穫期に得る現金収入で細々と暮らしてきましたが、環境の悪化や現金の必要性、また島内に十分な教育機関がないこと、衛生医療などの面からも、若い人々が島を離れていく実態がありました。

私たちハロハロは、この地域の海藻農家の人々と、協同組合(住民グループ)を立ち上げ、海藻栽培がより持続可能な形で発展すること、副収入の機会が増えること、そして子どもの教育が充実し、大学卒業以上の若者が島に増え、地域の持続可能な発展を支えることを目標に、地域グループと人材の育成を行なっています。

 

5:日本の事業地(千葉県・東京都港区)

Project Area 5:千葉県 

Partnership with:フェアトレードちば

 

Project Area 6:東京都港区 

Partnership with:港区エシカルコミュニティ

 

 私たちハロハロは、エシカル/フェアトレードの啓発を通して、日本の中から世界の小さな村とつながり持続可能な豊かな社会を日本と世界でともに行なっていけるまちづくり運動をしています。

 グローバルな視野を持って、ローカルに活躍できる人材とグループの育成を日本の中で、千葉県と港区の2箇所の地域で行なっています。

 

ハロハロのフィリピン事業地のパートナーは1日1.9ドル以下で生活する貧困層の人々です

【パラメ家族の場合】

10人家族(お父さん お母さん 子どもたちが8人います)

お父さんは朝は魚を釣る漁師さんですが、午後はバイクタクシーの運転手もしています。

お母さんは日用品店をしつつ、夕方はお父さんが釣った魚を露店で販売しています。

毎日働いて、1ヶ月の収入が約25000円程度です。

1人あたり1日約85円で生活しています。

 

お母さんの心配は、子どもたちの学校迄の交通費や学用品にかけるお金がないこと。

毎日の食費でお金がなくなってしまうのでなかなか貯金ができずにいます。

 

ハロハロは父母が、子どもたちにチャンスを作るサポートをします

 

ハロハロが行う生計支援事業によって、お父さんお母さんたちの副業の機会ができ、自分たちの力で子どもたちを学校に行かせ、技術を身につけた子どもたちが未来を切り開いています。

ハロハロでは、父母が子どもたちを学校に活かせようとする気持ちを育みます。現地協働団体は、各家庭との関係作りを大切にしており、人々を勇気づけながら自らの力で未来を切り開いて行く力を応援しています。

2012年春に訪問した際の生産者インタビューmovie

Instagram