■2017年12月25日号

 

 

こんにちは。日本事務局の伊藤です。

さてハロハロマガジンリニューアル第一弾です。 

単にわたしたちの活動のお知らせだけではなく、

楽しいコラムもあわせてお送りしていきます。

 

さて本日はクリスマス

フィリピンのクリスマスの模様もお届けします。

 

<重要なお願い>

 

 

セブごみ問題にクラウドファンディングで挑戦中!

 

日本のごみ分別機能と回収車を導入します。

ご寄付・情報共有で応援お願いします!

 

【目標金額75万円】【1月12日(金)23:00まで。残り18日】

現在達成状況:35.5万円(47%)【目標達成まであと39.5万円】

(All or Nothingでの挑戦です:不成立の場合全額寄付者へ返金)

 

 

 

・:*:.・☆☆。・:*:.・★,。・:*:.・☆☆。・:*:.・★,。・:*:.・☆☆・:*・:*

 

 

 

コラム ~フィリピンの暮らしから~ 

「クリスマス、頑張り過ぎ。」

 

メリークリスマス!!

 

クリスマスの日にメルマガなんてけったいでしょうが、ご容赦を。事務局のSakaeです。

日本ではクリスマスよりはクリスマスイブで、どちらかというと友達となのではないでしょうか。会社が休みということもないですしね。

でもフィリピンではクリスマスは朝から教会に行って、夜は家族とともに過ごす。離れ離れになっている家族もこの日の為に一同に集まるのです。フィリピンの人たちは海外へ出稼ぎが多く(最近国内の高い経済成長で回帰される方が増えていますが)、その方達もクリスマスに帰省されます。日本のお正月みたいなものですね。

家族で過ごすクリスマスは静かなもので、家族同士でプレゼントを交換しあいます。よく欧米のリテールではクリスマス商戦と言いますが、日本ではあまりピンと来ません。しかしフィリピンはスペイン、アメリカの影響が大きい為、クリスマス商戦が大きいのです。

 

家族とともに過ごすクリスマスとは別に、12月あたりから徐々に開催されるクリスマスパーティーに対する思い入れはとても強いみたいですね。会社のクリスマスパーティーは当然で、経営者の方はその準備に絶大な労力を割くそうです。だってその会社の離職率がクリスマスパーティによることがあるそうですので。実際あるフィリピン日本法人の方によるとぬるいクリスマスパーティーを行ったら、休み明けにに数人のスタッフが音信不通になったそうです。予算も会社持ちで放っておくと青天井で使ってしまうそうですよ。会社の駐在員さんは注意事項にあるそうです。

「クリスマスパーティーは会社の生命線」「クリスマスパーティーの予算管理は厳しめに」

日本と違う?いや、日本にも忘年会というものがありまして、幹事になったら大変なのです。今は幹事にプレッシャーをかけないようにするところも多いですが、昔はひどかったですよ(怒)。

さて気合い入りまくり1億総パーリーピーポーのフィリピンのクリスマスパーティーですが、宗教的な意味では12月16日から1月6日までです。ただし、パーリー的には9月から2月までです。長くありませんか?9月でメリークリスマスですからね。昔メリークリスマスインサマーなんて歌詞がありましたが、そういうことです。

 

*フィリピンでは鳥ではなく豚の丸焼きを食べます。レチョンと言います。レチョンの出来栄えもクリスマスパーティーの大きなポイントのようです

 


 

コラム ~NPOで働くってどんなこと?~

 

私がメーカーから転職してきて感想というと何でしょうか。

何となくあこがれる人もいれば、あまりよくない印象を持つ人もいます

(典型的なのは給料もらえるの?など)

個人的にはやりがいと覚悟の問題ですが、大企業で働いてきた方には

耐えられないことも多いですね。

たとえば

給与水準が高くない・・・はっきりいって高くないですよね。

NPOの労働市場は供給過多なのかもしれません

供給過多になれば賃金はさがってしまいますね。

あと多くは予算も少ないですので人件費に割けるお金も多くないです。

 

リソースが少ない・・・経営規模が小さいので、資金がすくない。組織としても

会社の予算もすごく少ないです。そこででてくるのはこれだけ業務を

やっていればいいというのはなく。いろいろな業務をしなければいけませんね。

 

あとなんでしょう。ほぼやりがいでもっているようなところがありますので、

現実(実務)と理想のギャップに苦しむようになったら厳しいですね。

 

もっとNPOも何かを犠牲にしてという形でなく働けるように

なりたいものです。

 

 

 

あなたと世界の「可能性」を広げる

スタディツアー

 

2018年3月3日(土)-3月10日(土) 成田発着 ★少人数限定★


ホームステイや地域活動でローカルな人々と交流し、魅力あふれるフィリピン体験!

風の旅行社企画実施、風カルチャークラブ受託販売の安心・安全なツアーです。

 

資料請求はこちら

  

個人・団体様単位での、ツアーアレンジも随時行なっています。

  お問い合わせはこちら

1日現地視察会 *随時ご相談可能です
マニラ
セブ

1日ボランティア体験(語学交流・衛生教育など)

 教育、仕事の機会作り、保険衛生などあなたのテーマで地域に密着! 

 

現地レポート 

マニラ事業地から

 

「手工芸マネージャーチームと2018年に向けた打ち合わせ」

マニラ事業地に創造する、3カ年の手工芸事業社会企業化プロジェクトも

いよいよ来年が大詰め!

ということで、VMSDFIグループ、パーラランパンタオグループ含め、

頭を突き合わせて、次のステージへの準備を整えています。

2018年にはセブ事業地との手工芸事業連携も起きそうです!

そのファーストステップとしてマニラ事業地のブレーンたちがこの12月セブを訪問しました。

 

セブ事業地から

 

「地域清掃活動に、留学中の日本人がゲスト参加!」

月2回の清掃活動に留学中の日本人女性が参加してくれて

地域の女性たちもがぜん意欲が高まりました!

きれいになっていく村のもう一つの課題は村の中心の道がいつもみずたまりなこと。

この問題を、とあるNPOと一緒に解決する取り組みが来年6月に進みそうです。

また現在この清掃した後のごみの分別や回収に向けた取り組みを強化しようと

クラウドファンディングにも挑戦中!村役場とも日々話し合いを進めています!

応援してください。

セブ・マニラの各事業地でクリスマスパーティ!

 

1年間生計向上や教育、啓発活動をがんばった各グループをたたえるパーティを開き

がんばったで賞を個人にも授与しました。

場所によっては、合同パーティも開催され、ふだんは顔をあわせていなかった

同じ取り組みをがんばる仲間たちとの連携もできたようです。

2018年も現地の人々と一緒に、がんばります!

 

 
 ■ハロハロ出展イベント

 ふなばし市民活動フェア2018

(日時)2018年 2/3(土) 

(場所) 市民活動サポートセンター、きららホール

 

 

ハロハロ2017年度活動報告会

(日時)2018年 1/28(日) 

(場所) みなとパーク芝浦 リーブラ


 

<== サポーター&寄付者100名キャンペーン!!(カード決済可能)
 あなたも一緒に世界にチャンスを広げる仲間になりませんか?
マンスリーサポーター 一般500円、学生250円、団体5,000円から
ご寄付 3,000円/口から *自由金額でのご寄付も可能です。

<==スタッフ(東京・千葉・マニラ・セブ)、インターン、プロボノ、ボランティア募集はこちら
世界とあなたの可能性に挑戦したい方、待ってます!!
*契約社員の募集は終了しました。

<==あなたのクリックで応援してください
リンク先ページの赤い「応援する」ボタンをクリックして応援して下さい。
1日1回クリックできます、ブックマークし毎日の応援をお願いします!!

<==本・DVDなど不用品での募金はこちら きしゃぽん古本募金

no<==切手はがき、携帯電話、カメラ、時計、貴金属などの不用品

こちら お宝エイド



世界にチャンスを 
NPOハロハロ 
〒135-0033 東京都江東区深川1-1-2-403 
tel/fax 03-5875-9923 
Mail : mail@npohalohalo.org 

 

https://www.npohalohalo.org/


Instagram