■2021年11月30日号

 

● フィリピンで話されている言葉 ● ハロハロ雑貨のお取り扱い団体の話し

こんにちは!NPOハロハロ事務局の成瀬です。

もう12月ですね!ハロハロでは今年も法人周年記念の12/19(日)に活動報告会をします、詳しくはNEWSにて。

今月もフィリピンと日本でのいろいろな活動が広がっています。その一端をお届けします。 

ショートコラム ★★It's more LOVE in PHILIPPINES!!★★  Vol.38   by, マナピーナ

 

フィリピンの魅力をちょっとずつお届けするショートコラム、

今月もセブを愛するマナピーナさんが発信してくれます♪

 


 

こんにちは!マナピーナです。

寒さがいよいよ本格的となり、ますます南国のフィリピンが恋しい季節になりましたね。

今回はよくある質問、【フィリピンって何語を話してるの?】についてお話しします!

 

フィリピンの公用語はタガログ語と英語で、なんと2つの公用語を持っています。

タガログ語がいわゆるフィリピン語というものです。

しかし、タガログ語が日常的に話されているのは首都のマニラがあるルソン島が中心で、そのほかの地域は全く違う言語を話します。

私のセブアノ彼氏はビサヤ語(セブアノ語)を話します。

※ビサヤとはセブ島が属しているフィリピンの中部の地域のこと

 

私がインターン留学をしていたパナイ島イロイロ市ではヒリガイノン語を話します。(ややこしい…)

たとえば…

タガログ語で、

おはよう= Magandan umaga

ビサヤ語で、

おはよう= Maayong buntag

と全く違う表現になります。

 

しかし、フィリピン全土のほとんどの学校でタガログ語の授業があり、ニュースもタガログ語で話されています。タガログ語はほとんどのフィリピン人が理解し、話すことができます。

じゃあなんで英語も話せるの?ということですが、実は、学校の授業が全て英語で行われているんです。

正式な書類や、ニュースも英語が使われているものが多いです。

英語の方が楽だから、フィリピン人同士でも英語で会話をすることもしばしば…

小さい頃から複数の言語を話しているので言語習得脳が発達していると言われています(うらやましいですね…!)

英語ができたらフィリピン人とのコミュニケーションは問題なくできますが、タガログ語、もしくはその島の言葉が話せるととても喜んでくれますよ!

フィリピンに行く前に挨拶だけでも覚えていくとフィリピンで友達がたくさんできるかも!?

 

次回は、そんなフィリピン人の英語事情をお話しします!

今回も最後まで読んでくれてありがとうございます♪

 

  

マナピーナ @halohalo_manapina

 

https://www.instagram.com/halohalo_manapina/

 

From 日本の取り扱いショップから

● ハロハロのフェアトレード雑貨を取り扱いいただく日本のお店や団体 ●

じつはハロハロには、去年から【 フェアトレード手工芸プロジェクトチーム 】ができました!

学生や社会人のインターンやボランティアで構成されていて、OBOGもいれると30名くらいで、フィリピンの女性たちの仕事の機会を増やし、日本の私たちも使いたくなるハッピーな雑貨やアクセサリーづくりのために、広報・販売活動・製品企画・メンテナンスなどに取り組んでくれています。

そんな私たちは今チーム一丸となって、私たちの雑貨をお取り扱いいただけるお店や団体を増やそうとしています!

コロナ以降対面のイベントの機会がほぼなくなり、フィリピン側では引き続き作ってくれている雑貨をハロハロが買い取ったまま倉庫で眠ってしまっている... そんな残念な状態では、フィリピンの女性たちの仕事の機会も減ってしまうし、ハロハロも活動を継続できないっ!

ハロハロの雑貨は、どれだけ売れるかわからないイベントなどの一時的な場合は委託販売を、絶対にこれだけは仲間内で売れちゃう!という確信があるときは卸販売をさせていただいています。

高校生や大学生のサークルなどで販売してくれていたり、カフェ、美容室、海外雑貨店などにお取り扱いいただいています。

今日はあたたかいお気持ちで、当団体の雑貨をお取り扱いいただく2団体をご紹介しますっ。

 

1)Piece ピース Cafe & Store ピースカフェ&ストア

今年半ばに、NPOソルトパヤタスのスタッフさんから、あたたかく販売店様のご紹介をいただきました!

ありがとうございました、フィリピンつながりの皆さん本当にあたたかい方ばかり。

Piece Cafeさんは、2021年4月29日にオープンしたばかりの、

築108年の米蔵をリニューアルさせた地域復興拠点ともなるすてきなベーカリーカフェ。

『地域の人たちと、海外も含む他地域から来た人たち、別の場所から届いたモノたちが交わる場所』

というコンセプトだそうです。

代表の竹守さんは海外でのさまざまなご経験のもとに改めて日本の地域貢献できる仕事に挑戦したいとこのカフェを運営されています。

 

美味しいコーヒーと手作りパンが、米蔵のすてきな雰囲気を活かしてリニューアルされたテラスや店内で楽しめるそうです!

私も三重に遊びに行きたい♪


Piece ピース Cafe & Store

三重県松阪市本町2180番地 mae藏 松阪駅から徒歩10分

TEL:0598-67-8249

営業時間 10:00~20:00 定休日 毎火曜日(パンは木曜日も休みです)


HP:https://www.workforuu.com/piece-cafe-and-store

FB:https://www.facebook.com/workforuu/
Insta:https://www.instagram.com/work_for_you_co.ltd/

 

 

2)学生ボランティア団体 青山学院大学 fan×fun(ファン)

ついついファンファンと呼んでしまいがちですが、fan×funでファンだそうです!

今は卒業されたメンバーが、2016年に複数名で立ち上げ、国際と国内両面での活動をされています。
立ち上げメンバーのOさんは今はハロハロサポーターのお一人でもあります!

ハロハロのセブ事業地には何度もいろいろなメンバーが国際交流と貢献活動に足を伸ばしてくださっています。

とくにセブのバイアソン小学校との国際交流授業のきっかけを作ってくださったのはfan×funさん。

小学校の先生や校長先生も、大学生たちが小学生たちと将来の夢の授業をしてくれたことをずっと覚えています。

その時はまだ女性たちがバラバラと個人で集まっているだけだったアクセサリー事業の立ち上げを見守ってくれていたのもfan×funさんでした。

まだプラスチック素材を使っていた頃から「いいね!」と現地でも何度も言ってくれて、女性たちの自信につながっていました。自然素材に限定してNINDOT(ニンドット)として本格的なブランド化をしていく中、最初の委託販売先として、2019年2020年そしてこの2021年も委託販売をしてくれています!

 

学生ボランティア団体  fan×fun(ファン)

HP:https://www.fanfunagu.com/philippine-cebu
FB:https://www.facebook.com/fanfun2016

Insta:https://www.instagram.com/fanfun.ph/

 

___________

 

最後にハロハロからお知らせ♪
◉お知り合いのお店や団体さんでハロハロの雑貨をお取り扱いいただける情報ありましたら、ぜひお寄せください!◉ 

マニラの女性たちとつくる雑貨 AngKyut ▶︎▶︎▶︎    https://www.angkyut.com/

セブの女性たちとつくるアクセサリー NINDOT ▶︎▶︎▶︎  https://nindot.thebase.in/

 

 

いよいよ始まる!2021年度サポーター100名キャンペーン(10/1〜12/31)
いよいよ始まる!2021年度サポーター100名キャンペーン(10/1〜12/31)
1回ごとのセッション参加受付中(DAY3〜DAY5)
1回ごとのセッション参加受付中(DAY3〜DAY5)

■ 日本でのまちづくりグループ活動のご案内 ◾️

NPOハロハロでは、グローカルなまちづくりを促進するため

日本の事業地では、フェアトレードちば、港区エシカルコミュニティを立ち上げ、エシカルタウン運動をしています。

 

● フェアトレードちば 

 

フェアトレードちば会議&ボランティア作業

(日時)会議:第2日曜日9:00-10:30くらい 

   ボランティア作業:第4月曜の夕方

(場所)オンライン

 

 

● 港区エシカルコミュニティ ●

 

港区エシカルコミュニティ

(日時)ほぼ第一日曜日10:00-11:00

(場所)オンライン会議(Zoom)

 

 

 

◀︎【古本や不用品が寄付になります】大掃除で出る不用品もお寄せ下さい

きしゃぽん古本募金を通して「ハロハロ」に、

古本・DVD/ゲーム・ブランド品・金券・古酒・携帯電話機器など

ご家庭で不要になったお品をお寄せ下さい。

 

◀︎【マンスリーサポーターとなって応援】

一般500円〜、学生250円〜、団体5,000円〜

定期的に活動報告が届きます!

  

◀︎【寄付をして応援】

自由金額でご寄付で活動を応援いただけます

*認定NPO基準は、3,000円/口以上のご寄付が対象

  

◀︎【セブのこどもの教育を応援】

あなたと一緒にこどもたちの教育を受ける機会を広げ、地域の未来を変える力に!

 

 

◀︎【楽天ショッピングxgooddoxハロハロ】

楽天でのお買い物は、gooddoxハロハロページ内楽天ボタンから!

お買い物金額の一部がハロハロへの寄付になります。

 ◀︎【マニラとセブの女性の手仕事を、雑貨の購入で応援】

カラフルな廃材を活用したバッグやポーチのブランド:AngKyut

セブの自然素材が愛らしいアクセサリーブランド:Nindot

学園祭・バザー・お店などでの委託・卸販売、ノベルティの制作もお気軽にご相談下さい♬

 

◀︎【ボランティアをして応援】

あなたの力で、フィリピンと日本の事業を活性化する
インターン、プロボノ、ボランティア随時募集中!


世界にチャンスを 
NPOハロハロ https://www.npohalohalo.org/

〒108-0014 東京都港区芝4-7-1西山ビル4F 

TEL 050-5539-5524 Mail : mail@npohalohalo.org 

 

 


《Back Numbers》

Instagram