NPOハロハロ ほぼ月イチ メールマガジン『ハロハロ通信』

 ■2021年6月29日号

 

フィリピン美容 ● セブ河川沿いのごみ問題への挑戦

こんにちは!NPOハロハロ事務局の成瀬です。

先日臨時総会を開催し、修正決算が可決され、新しい監事就任もありました。

今後も、正会員・役員・スタッフが一つのチームとなり、

フィリピンと日本での活動を続けていきます! 

 

ショートコラム ★★It's more LOVE in PHILIPPINES!!★★  Vol.33   by, マナピーナ

フィリピンの魅力をちょっとずつお届けするショートコラム、

今月もセブを愛するマナピーナさんが発信してくれます♪

  

こんにちは!マナピーナです。

最近は日本でもワクチン接種が徐々に広がりつつありますが、海外渡航に行けるようになる日はまだまだ遠そうですね…コロナ前は、年に2.3回はフィリピンへ渡航していた私ですが、最後にフィリピンへ行ってからもう2年が経とうとしています。

そんな私ですが、フィリピンにハマりだしてから取り入れたフィリピン式の美容法だけは、引き続き習慣化していて、日本にいてもフィリピーナ気分を忘れずに過ごしています。(笑)

今回は、ツヤ肌で可愛いフィリピーナたちに教えてもらった「フィリピン式美容方法」を2回の投稿に渡り、皆さんに伝授いたします!

ぜひお試しあれ⭐︎

(フィリピンでは女性のことをフィリピーナ、男性のことをフィリピーノといいます)

 

「PHcare」

日本でも最近知られるようになりましたが、フィリピーナは当たり前に使っている、「PHcare」。デリケートゾーン専用の石鹸です。

「PH」とは、水溶液の性質(酸性、アルカリ性)の程度を表す単位のことです。

お肌に優しい弱酸性のPHcareで洗うことにより、デリケートゾーンに必要な良い菌を保持しつつ、お湯では落とし切れない汚れを、潤いを保ちながら洗浄してくれます。

日本で買うと150mlで約1000円しますが、フィリピンだと250mlのpH careを150ペソ(約300円)で買うことができます!お土産の定番として、フィリピンに行った際には自分用も含め、ついつい大量にまとめ買いしてしまいます…^^;

 

フィリピンでは当たり前に使っているようで、PHソープって何?とフィリピーナに聞いたところ、「知らないの!?」とかなり驚かれました。

エチケットとしても使うべき!と勧められたので使い始めましたが、私も習慣化してしまい、日本に帰国後もPHcareをネットで購入し、引き続き使っています。

早くフィリピンへ行ってPHcareをまとめ買いできる日を心待ちにしながら(笑)皆さん、体には気をつけて健康に過ごしましょう!

 

  

マナピーナ @halohalo_manapina

 

https://www.instagram.com/halohalo_manapina/

 

From Cebu, RIVERSIDE ENVIRONMENT PROJECT

● セブ中部の河川沿のごみ問題への挑戦 ●


  

セブ中部のタリサイ市ドゥムログ村ホープ地区事業地では、2016年にスタディツアー訪問者から「この地域にはたくさんのゴミがあるね。道にも川・沿岸部にも。」という言葉に端を発して、地域の住民と日本人とのパートナーシップで、環境美化プロジェクトが活発に進行中です。

 

2017年から2018年にかけてクラウドファンディングなどを通して、小型トラックを村役場に寄贈し、地域のごみ回収が行われない問題に対してのアプローチを行うなど、地域の人々と行政との橋渡しを地道に行ってきました。

2019年度に地球環境基金の助成を受けて、花をモチーフにした地域づくりに注力し、花壇や地域菜園がつくられ、外部からのごみ流入を防ぐ役割も果たしました。さらにごみの分別所もつくりはじめて、地域の人々が分別の知識を獲得していくようになりました。

そして、この2021年、改めて地球環境基金助成事業に採択され、3Rの促進によるごみの回収処理活動と、河川敷のごみの流入出(人の排泄物への対処も含む)問題に対し、少し中期的な3年間の視点で新たなキックオフを迎えることとなりました。

地域行政も時を同じくして、河川にネットをはってごみの流入出を防ぐトライアルを始めており、行政とともに情報交換をしながら、この地域住民グループの活動を改めて計画策定し、実践していく大切な1年目がはじまったところです。

日本人とのパートナーシップ分野では、この環境美化活動の広報ボランティアの募集を始めたほか、今後は環境美化事業の取り組みをバーチャルツアーとして日本の人々にも体験いただき、フィリピンの現場の人々との意見交換などができる交流の場づくりをしていこうと画策しています。

ご興味ご関心があられる方は、ぜひ企画ボランティアとして参画いただけたら嬉しいです!

 

(2021年度地球環境基金助成事業) 

 


■ 日本でのまちづくりグループ活動のご案内 ◾️

NPOハロハロでは、グローカルなまちづくりを促進するため

日本の事業地では、フェアトレードちば、港区エシカルコミュニティを立ち上げ、エシカルタウン運動をしています。

 

● フェアトレードちば 

 

フェアトレードちば会議&ボランティア作業

(日時)会議:第2日曜日9:00-10:30くらい 

   ボランティア作業:第4月曜の夕方

(場所)オンライン

 

 

 

● 港区エシカルコミュニティ ●

 

港区エシカルコミュニティ

(日時)ほぼ第一日曜日10:00-11:00

(場所)オンライン会議(Zoom)

 

 

 

 

◀︎【古本や不用品が寄付になります】大掃除で出る不用品もお寄せ下さい

 12/1〜31 査定金額10%UPキャンペーン中!

きしゃぽん古本募金を通して「ハロハロ」に、

古本・DVD/ゲーム・ブランド品・金券・古酒・携帯電話機器など

ご家庭で不要になったお品をお寄せ下さい。

 

◀︎【マンスリーサポーターとなって応援】

一般500円〜、学生250円〜、団体5,000円〜

定期的に活動報告が届きます!

  

◀︎【寄付をして応援】

自由金額でご寄付で活動を応援いただけます

*認定NPO基準は、3,000円/口以上のご寄付が対象

  

◀︎【セブのこどもの教育を応援】

あなたと一緒にこどもたちの教育を受ける機会を広げ、地域の未来を変える力に!

 

 

◀︎【楽天ショッピングxgooddoxハロハロ】

楽天でのお買い物は、gooddoxハロハロページ内楽天ボタンから!

お買い物金額の一部がハロハロへの寄付になります。

 ◀︎【マニラとセブの女性の手仕事を、雑貨の購入で応援】

カラフルな廃材を活用したバッグやポーチのブランド:AngKyut

セブの自然素材が愛らしいアクセサリーブランド:Nindot

学園祭・バザー・お店などでの委託・卸販売、ノベルティの制作もお気軽にご相談下さい♬

 

◀︎【ボランティアをして応援】

あなたの力で、フィリピンと日本の事業を活性化する
インターン、プロボノ、ボランティア随時募集中!


世界にチャンスを 
NPOハロハロ https://www.npohalohalo.org/

〒108-0014 東京都港区芝4-7-1西山ビル4F 

TEL 050-5539-5524 Mail : mail@npohalohalo.org 

 

 


《Back Numbers》

Instagram