NPOハロハロ ほぼ月イチ メールマガジン『ハロハロ通信』

 ■2021年7月26日号

 

フィリピンの元気になれる"食"文化 ● ちばにフェアトレードを広げる挑戦拡大中

こんにちは!NPOハロハロ事務局の成瀬です。

日本も暑い日々が続きますね!

"メリエンダ"を挟みながら、今月も楽しくフィリピンと日本での活動を続けています!

来月私たちの活動報告もありますのでぜひご参加ください★

きしゃぽんxハロハロ古本募金も夏の査定額UP中!! 

 

ショートコラム ★★It's more LOVE in PHILIPPINES!!★★  Vol.34   by, マナピーナ


フィリピンの魅力をちょっとずつお届けするショートコラム、

今月もセブを愛するマナピーナさんが発信してくれます♪

  

こんにちは。マナピーナです。

梅雨が明け、いよいよ本格的に夏が始まりましたね。

日本の真夏は南国のフィリピンより暑い!

私は少し夏バテ気味です…と、年中真夏の南国フィリピンでは夏バテになるのか?という疑問が湧いてきました。

しかしそんな心配はご無用、今回は少しユニークなフィリピンの食文化についてご紹介します!

 

①二刀流

フィリピン文化の一つである、"質より量" 

とにかく美味しい物をたくさん食べたい!という方が多いように感じます。

日本ではお箸でちまちま食べるのが美しいとされているかもしれませんが、フィリピンでは全くの逆!

スプーンとフォークを両手に持って、二刀流スタイルでガツガツ食べます。慣れたら意外と食べやすいですよ。

 

②メリエンダ(Meryenda)

メリエンダというのは、間食のことです。

元々、スペインで子供の夕食の繋ぎとして、3時のおやつとしてメリエンダを食べられていたそう。フィリピンは長年スペインに統治されていたので、そのままフィリピンにも受け継がれてきました。

そんなメリエンダですが、1日に何回も食べることもしばしば…。

結果、1日に何食も食べている強者もいます(笑)

 

③パスモ(Pasmo)

日本のICカードではありません!笑

「PASMO」はビサヤ語(セブ島などのビサヤ地域の言語)にある言葉です。

"お腹が空いたら頭痛を引き起こす"現象のことです。

ちょっと信じがたいですが、本当にお腹が空くと頭が痛くなるそうです。

フィリピン人と一緒に行動する際には、頭痛を引き起こさないようにメリエンダを用意してあげてくださいね^^

 

いかがでしたでしょうか。

年中真夏のフィリピンでは、夏バテ知らず!お酢を使った料理が多く、夏バテを予防にもなる食欲が湧きそうな食事が多いです。

次回のコラムでは、私のお気に入りの夏バテ予防にもオススメなフィリピン料理をご紹介します。お楽しみに^^

 

  

マナピーナ @halohalo_manapina

 

https://www.instagram.com/halohalo_manapina/

 

From CHIBA, FAIRTRADE ENLIGHTENMENT PROJECT

● フェアトレード千葉グループと、毎日の生活からグローカルな豊かさを考える ●

セブの女性たちとのフェアトレード講座
セブの女性たちとのフェアトレード講座
フェアトレードコーヒー講座
フェアトレードコーヒー講座

  

千葉県からのフェアトレード啓発活動に取り組むフェアトレードちばでは、毎年5月にフェアトレード・イベントを開催しています。

2020年2021年とコロナ下も、オンラインからの発信を充実させ、イベントを継続してきました。

 

オンラインの利便性により、地域を越え世代を越えて、多くの方が「フェアトレード」をキーワードに集い、多様な場づくりにつながっています。

2021年は17団体が集い、オンラインからの情報発信、動画配信、講座の実施などから約4000名の方がに、「フェアトレード」を届ける機会につなげました。

とくにオンライン講座では、フィリピンやバングラデシュなどの国々の作り手と交流し、貧困、人権、女性の社会参加を考える大きなきっかけとなりました。

また京都の小川珈琲さんの協力のもとに、日本人にとっても欠かせない飲み物となったコーヒーから、持続可能な社会を考える大きなきっかけをいただきました。

コロナ下だからこそ、改めて地域と世界のつながりを考える大事な時期となっています。

同時に、地域のフェアトレード団体訪問プロジェクトも進行させることで、オンラインだけでない対面のつながりと発信も大切にしていこうとしています。

そしてこの5月、地域の行政・学校・フェアトレード団体・市民とともに世界と地域をともに盛り上げるフェアトレード活動に向けて、千葉市から【フェアトレードタウン】を目指す準備グループも立ち上がりました。

 

千葉県からのフェアトレード啓発活動に、ご興味ご関心をお持ちいただける方、

ぜひフェアトレードちばのボランティアとして名を連ね、活動を応援いただけたら嬉しいです!

この2021年は船橋市からの啓発にも力をいれられることとなりましたのでお楽しみに♪

  

プリヨ&エクマットラ講座
プリヨ&エクマットラ講座
千葉市フェアトレードタウンを目指して講座
千葉市フェアトレードタウンを目指して講座

■ 日本でのまちづくりグループ活動のご案内 ◾️

NPOハロハロでは、グローカルなまちづくりを促進するため

日本の事業地では、フェアトレードちば、港区エシカルコミュニティを立ち上げ、エシカルタウン運動をしています。

 

● フェアトレードちば 

 

フェアトレードちば会議&ボランティア作業

(日時)会議:第2日曜日9:00-10:30くらい 

   ボランティア作業:第4月曜の夕方

(場所)オンライン

 

 

 

● 港区エシカルコミュニティ ●

 

港区エシカルコミュニティ

(日時)ほぼ第一日曜日10:00-11:00

(場所)オンライン会議(Zoom)

 

 

 

 

◀︎【古本や不用品が寄付になります】

きしゃぽん夏の査定額5%UPキャンペーン(7/21(水)~ 8/16(月))

きしゃぽん古本募金を通して「ハロハロ」に、

古本・DVD/ゲーム・ブランド品・金券・古酒・携帯電話機器など

ご家庭で不要になったお品をお寄せ下さい。

 

◀︎【マンスリーサポーターとなって応援】

一般500円〜、学生250円〜、団体5,000円〜

定期的に活動報告が届きます!

  

◀︎【寄付をして応援】

自由金額でご寄付で活動を応援いただけます

*認定NPO基準は、3,000円/口以上のご寄付が対象

  

◀︎【セブのこどもの教育を応援】

あなたと一緒にこどもたちの教育を受ける機会を広げ、地域の未来を変える力に!

 

 

◀︎【楽天ショッピングxgooddoxハロハロ】

楽天でのお買い物は、gooddoxハロハロページ内楽天ボタンから!

お買い物金額の一部がハロハロへの寄付になります。

 ◀︎【マニラとセブの女性の手仕事を、雑貨の購入で応援】

カラフルな廃材を活用したバッグやポーチのブランド:AngKyut

セブの自然素材が愛らしいアクセサリーブランド:Nindot

学園祭・バザー・お店などでの委託・卸販売、ノベルティの制作もお気軽にご相談下さい♬

 

◀︎【ボランティアをして応援】

あなたの力で、フィリピンと日本の事業を活性化する
インターン、プロボノ、ボランティア随時募集中!


世界にチャンスを 
NPOハロハロ https://www.npohalohalo.org/

〒108-0014 東京都港区芝4-7-1西山ビル4F 

TEL 050-5539-5524 Mail : mail@npohalohalo.org 

 

 


《Back Numbers》

Instagram