NPOハロハロ ほぼ月イチ メールマガジン『ハロハロ通信』

 

ハロハロがフィリピンと日本で行う地域開発活動の様子をはじめ、

イベント情報、活動へのご参加方法などを配信中!

毎月末の配信です。〜登録無料〜

 

最新号 ■2018年11月25日号

 

こんにちは!日本事務局長成瀬です。

日本では木枯らしも吹き、少しずつ寒くなっていますね。

 

12月〜3月頃までは、ベストシーズンのフィリピンに

渡航される方も多いと思いますが

寒暖の差にはお気をつけください。

たまに、インフルエンザを日本から持ち込んで、

向こうでの滞在期間ずっとインフルで寝込んじゃう方も

いたりします。体調管理最優先!

 

 

今月も、たくさんんの事業の一部をお伝えしていきます。

 

 


ショートコラム ★★It's more LOVE in PHILIPPINES!!★★ vol.10      by,Haruka Naruse


フィリピンの魅力を少しずつお伝えするショートコラム、

今回はフィリピンに旅行される方へ向けて「服装」についてお話したいと思います。

 

南の国なので、Tシャツに短パン/ハーフパンツ、スリッパ/サンダル

こんな格好の方が多いですし、現に私もそうです。

スーパーなどの施設の中は冷房が効きすぎている場所が多いので

パーカーなどの"はおりもの"は1枚いつも携帯しているといいですよね。

 

汗をかいたり、急な雨に濡れたりすることも多いので

旅行中だし、乾きやすく、動きやすい服装が一番です。

 

でも!注意しなければならないのが、

大使館やどこかの企業、団体への訪問がある場合。

スリッパ/サンダルなどはNG、短パン/ハーフパンツもNG。

受付で止められます(何度か私も止められました)。

 

なにかの時のために、「靴」と「長ズボン(女性はワンピースなどでOK)」をお忘れなく。

 

フィリピンスタッフと一緒に行政などを訪問する際には、

ハロハロスタッフの場合は、ジーンズ+襟付きシャツ(ポロシャツなど)+スニーカーを履いてきます。

 

余談ですが、観光で教会を訪れる方も多いと思います、

肌の露出が多いと、教会で配布される布で覆い隠す必要があります。

ノースリーブの場合は肩と、ショートパンツの場合は腰に巻くかんじになります。

 

次回はカラフルなフィリピンのファッションについて、もう少しお話していきますね!

 

From Manila Project Area 〜マニラの活動現場から〜

地域の女性グループが、

廃材を活用した製品の製作を、

自分たちで管理運営し始めました!

 

 

地域の女性たちが自分たちで

注文品の分配から製作を管理し予定計画を出す、

とっても簡単なことのように聞こえますが

約10年かけてこの事業地でハロハロが一歩ずつ築いてきたものです。

人に頼りがち、誰かがなんとかしてくれる、

そんな姿勢から、自分たちでどうにかしなきゃ回らない、

そんな状況を作り出した2018年は、大きな一歩です。

 

こちらの製品はAngKyutオンラインショップからご購入できます!

 


From Cebu Project Area 〜セブの活動現場から〜

 

セブ事業地でも将来性の拡大をはかり日本語教室を進めています。

月に2回だけのまだまだ少ない学習機会。

どれだけ実践的な学習ができるかが勝負です。

 

日本語を学習しはじめた生徒たちの一番の課題、

それは「書くこと」。

ひらがな、カタカナ、漢字の3種類をマスターしなければ

日本語検定を受けることができません。

 

なかなか文字を覚えられない生徒の姿を見て、

セブ日本人スタッフが習字教室を提案。

自分の名前をひらがなで書くことで少しでも

日本語に興味を持ってもらう工夫をしてみました。

今年2月の東洋大学のみなさんのスタディツアー時に

習字道具を寄贈いただきやっと役立ちました!

ありがとうございます。

 


From Japan Project Area 〜日本の活動現場から〜

 

10月開催のユニカセ主催ソーシャルビジネス国際協力アジアカンファレンスに出展。

フィリピン関係者の皆様にも再会するよい機会でした。

11月にもいくつかのイベントに出展しましたが

12月あと数回の自主催事を残すのみ!

 

日本のまちづくりグループである『港区エシカルコミュニティ』では、10月に食卓からつながる世界ワークショップを開催。

フードマイレージを考えながら世界とのつながりを知り

エシカル消費を考える一歩になりました。

 さらに11月には地域の学生を呼び『学生たちのエシカル運動』お話会も開催。

これからも一緒に活動できる仲間とネットワークを広げます!

 

12月15日(土)にはちばのまちづくりグループフェアトレードちばで

千葉のフェアトレード団体を集めた小さなお話会を開催します。

 


地域の人々と一緒に明日をちょっぴり豊かにしている現場を体験しに来ませんか?

ローカルな子どもや大人たちとの触れ合いから

たくましく生きる力にあふれた、魅力あふれるフィリピンを実感!

あなたのタイプにあわせた3つのプランがあります。

 

[TypeA ふらっと&がっつり] オーダーメイド

 半日から長期まで、あなたの知りたい!やりたい!を形にします。

 

[Type B ちょっぴり] ボランティア体験(語学交流・ごみ拾い活動など)

日本語学習の現場だけ、ごみ拾い活動だけ、参加できます。 

 

 

■まちづくりミーティング

フェアトレードちば会議&サロン

(日時)ほぼ毎月第2日曜10:00-12:00

(場所)船橋または東船橋 

 

港区エシカルコミュニティ

(日時)ほぼ毎月第2土曜11:00-12:00 *12月は休み

(場所)港区男女平等参画センター リーブラ

 

 

◼️出展イベント

FTちば1coinセミナー&バザー  

知るから始める、ちょっとイイこと

(日時)12月15日(土)15:00-16:30

(場所)平凡

 

ハロハロ6周年記念 年末交流会

(日時)12月19日(水)19:00-21:00

(場所)JICA地球ひろば2階202B会議室


 

<== あなたも一緒に世界にチャンスを広げる仲間になりませんか?
マンスリーサポーター 一般500円、学生250円、団体5,000円から
ご寄付 3,000円/口から *自由金額でのご寄付も可能です。

 

<==契約社員(東京)、インターン、プロボノ、ボランティア募集はこちら
世界とあなたの可能性に挑戦したい方、待ってます!!

<==本・DVDなど不用品での募金はこちら きしゃぽん古本募金

<==切手はがき、携帯電話、カメラ、時計、貴金属などの不用品

こちら お宝エイド



世界にチャンスを 
NPOハロハロ https://www.npohalohalo.org/

〒135-0033 東京都江東区深川1-1-2-403 

tel/fax 03-5875-9923  Mail : mail@npohalohalo.org 

 

 


《Back Numbers》

Instagram