ハロハロユース


HALOHALO YOUTHは、フィリピン貧困層の人々と共によりよい未来を目指すNPOハロハロの活動や理念に共感し、ハロハロの活動を応援する学生ボランティア・インターンチームです。

フィリピンの社会問題と向き合ったメンバーが学生なりの視点でハロハロの活動を応援します!

“一方的な支援”ではなく、現地の人々と一緒になって問題解決に挑むハロハロの活動を多くの人に知ってもらうため、そして私たち自身も日本から彼らの力になるために、アクションを起こします!!

第4回ハロハロユース 「国際協力はじめの一歩!話そうフィリピンのこどもの貧困」

《お申し込みフォーム不備のお詫び(9/17)》

本日9/17 13:20までにお申し込みいただいた皆様のご連絡が、

ホームページフォーム作成不備により、ハロハロ事務局に連絡が来ておりませんでした。

誠に申し訳ございません!

お手数をおかけしますが今一度お申込をいただきたく何卒お願いいたします。

学生インターンが企画運営するハロハロユース。

久しぶりの稼働!

今回は「フィリピンのこどもの貧困 」に焦点をあて、

ワールドカフェ形式の自由なしゃべり場を創出し、

国際協力の本髄に迫っていきます。

 

専門知識は一切不要!分野関係なく「国際的な社会課題」に関心のある方、大歓迎!

この場が参加者の世界を広げる場になってほしい、という思いから、4回目の企画となります。

所属や年齢にとらわれず、ハロハロ(ごちゃまぜ、という意味)な私たちで、一緒に考えましょう! 

 

【日時】 2018年9月22日(土)  18:30-20:30 

 *15分前開場 

 

【実施内容(予定)】

1:ごあいさつ                    18:30-18:40

2:フィリピンのこどもの貧困 導入ワークショップ    18:40-19:00

3:実践の現場にいる学生たち              19:00-19:30

・NPOハロハロ学生インターンよりフィリピンのこどもの貧困事例と活動を紹介

4:ワールドカフェ                  19:30-20:00

・ファシリテーター:AYUKA

5:全体シェア&交流会                20:00-20:30

 

【参加費】500円 (資料代等)

*参加費から経費を除いた全額がNPOハロハロを通しフィリピンの貧困地域で行う生計支援活動に役立てられます。

 

【定員】40名様(先着順。定員に満たない場合当日参加可)

 

【会場】しんじゅく多分化共生プラザ

 東京都新宿区歌舞伎町2-44-1ハイジア11階

(アクセス)西武新宿駅より徒歩3分

(MAP)https://www.city.shinjuku.lg.jp/foreign/japanese/plaza.html 

  

【申込】

1:下の申し込みフォームから

2:mail@npohalohalo.org(担当:鈴木)

 件名「9/22イベント参加申込」

 本文に、お名前、年齢(学生の場合は学年も明記)、tel、mail、参加のきっかけをご明記ください。)

 

  

<第4回>ファシリテーター

 鈴木歩香 Ayuka Suzuki

山形生まれ山形育ちで、今年横浜市立大学進学のために横浜に上京する。そして国際総合科学部国際都市学系所属。将来は海外で子供と関わりがある仕事につきたいと考えている。

「現在NPOドットジェイピーのインターンプログラムでNPO法人ハロハロにお世話になっています。自分で企画し、運営するのは初めてなので、うまくいかないこともありますが、ハロハロでの活動を通して、国際問題との関わり方など学べれば幸いです!!

もともと人前で話すのが得意ではないので当日不手際あるかと思いますが、イベント来て良かった~と思ってもらえるように頑張ります!!」

 

 

 

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

【過去の催事】

2016/1/15 就ともカフェ(新宿)

2016/5/20 お茶の水女子大学

第3回 ハロハロユース ワールドサロン

今回テーマ:「国際協力は本当にひとの役にたっているのか 」

 

時間:18:00〜20:30

ファシリテーター:ユース最年少 守谷りおな


2015/11/25 東京女子大学

2015/11/30 お茶の水女子大学


2015/4/6 創価大学

2015/11/2 創価大学


Instagram